トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

社会人1年目の教育は、学び方を教えること

目指すところを明示し続け、
本人の努力や姿勢次第で、いつでもそれに向かって挑戦や貢献できる状態にすることが
上位者によるリーダーシップだと思ってます。


必要とされた知識を習得した、という事実よりも
必要となる知識を習得することができる、という能力・可能性の方が
進化し続ける未来に向かって、大事なことだと思ってます。


スペシャリストになれない人が、人並みに働けることに労力を割くより
スペシャリストになれるかも知れない人が、スペシャリストのごとく働けることに労力を割くのが
私の優先順位です。


そのためには、自律的に学習していける「学び方」を習得することが一番大事です。

「学び方」を習得し、自律的に学べるようになれば、
今後長い人生で起こりうるあらゆる問題に、適応しながら乗り越えていく力を手に入れられます。
その力は、失われにくく、人生において大きな財産になります。

それは、その人の人生を幸せにするだろう、と私は信じてます。



だから、私は常に、「学び方」を習得することを要求しています。
私にその支援を求めてきた人には、必ず応えてます。
(支援された記憶のない人は、一度も自分の言葉で「求めて」ないですよ。)


その実現のためには、導入的な支援をした方が良いと、思い直しましたので、

一部意見を撤回して、教育委員会と連携して、個別の知識やノウハウの入門編を提供することにします。
が、それ以降は、原則自助努力を行ってもらいます。
そのモチベートを行うことが、入門編の目的であり、初歩的なことを習得することは目的ではありません。


プログラマでスペシャリストを目指す人に、自律的に学んで欲しいことの一つが、
コンピュータサイエンスやソフトウェアエンジニアリング、言語仕様等の基礎力です。


自律的に学ぶことが、
楽しくて仕方のない人を集めたり、楽しいと思ってもらえるような人になってもらったり、して
学びが負担と感じずに、常態として学び続けられるように、
会社として施策を講じることが、会社における教育のあり方だと思ってます。





自律的とは、やれないときに、無茶をしてまでやらない、という自己判断を尊重するということです。

やれるときになって、初めて言われても、
「いきなり言われても、何をして良いのか分からない」という反応を示すだけだと思いますので、

常に明示し続けることで、頭の中で熟成してもらい、
しかるべき時に着手してもらおうと思ってます。


現在の職場環境や社風その他いろいろ、万事順風満帆というわけではありませんが、
困難をはねのけて、全てを変えていく予定です。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

とむころり

Author:とむころり
24時間システムエンジニア。研究開発など何でも屋を担当。知的でおもてなし精神に満ちたシステム(サービス)が作りたい。
@tomcat_ch

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。